読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

せっぱつまりこ’s blog

宮城県仙台市及び近郊を中心とした、東北地方の様々な情報について書こうと思います。

【速報?】東北絆まつり開催について

どうもこんにちは。ゴールデンウィークも終わってしまいましたが、仙台の盛り上がりはこれからが本番です。

 

5月20・21両日は今年の仙台青葉まつり

仙台・青葉まつり

です(それについては、青葉まつり後にこちらで書こうと思います)が、今年はその後の6月10・11日に、仙台市で第1回東北絆まつり

 

tohoku-kizunamatsuri.jp

 

が開催されます。

 

東日本大震災直後の2011年7月(なお当時は、私はまだこちらに住んでいませんでした)に仙台市で第1回東北六魂祭が開催され、それから東北地方の各県の県庁所在地で六魂祭が開催されてきました。

 

昨年(2016年)で六魂祭が各県を一巡し終え、その後どうなるのかと私も期待と不安に満ちた思いで見守っておりましたが、今年このような形で“進化”?して開催されるということを、大変嬉しく思っております。

 

ここからは私個人の勝手な話でございますので、苦手な方やご興味をお持ちでない方はそっ閉じをお勧め致します。

私が六魂祭時代から楽しみにしているのは、青森ねぶた祭りです。何せ第1回の六魂祭のねぶたは、今までにないタイプの伊達政宗(下のリンク先サイトに、当該ねぶたの写真がございます)

復旧・復興への歩み -皆さまの支援を力に、復興を加速- (平成23年7月)|仙台市

 

でした(片肌脱ぎの平服姿で武力や権力を象徴する持ち物を極力持たない(例の兜は「伊達政宗である」ことを示す持ち物(西洋美術用語では「アトリビュート」といいます)と言った方が良さそうです)政宗像は、まさに今までになかったタイプです。民主的平和的なイメージで、私にとっても好感が持てます)ので、それ以降ねぶたに関心が俄然湧いて参りました。できれば、こちらでもねぶたの魅力について大いに語りたいものです。