読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

せっぱつまりこ’s blog

宮城県仙台市及び近郊を中心とした、東北地方の様々な情報について書こうと思います。

「仙台飛ばし」について

今回は、仙台そして東北について、必ずしも肯定的な面ばかりではないということも書かせて頂きます。

 

皆様、「名古屋飛ばし」という言葉はお聞きになったことがございませんか?この「名古屋飛ばし」とは、国内・海外の映画でよりマニアックな作品や、あるいは国内・海外のタレントさんなどの全国公演ですとか、大規模な美術展ですとかの開催が、日本の主要都市圏の中でも、しばしば名古屋では上映や開催がされないことを意味する言葉です。

 

ところで実は、余り言われてはいないですが、「仙台飛ばし」もあります。特にいわゆる「よりマニアックな」海外映画にはそうした傾向が強く、比較的最近の有名な作品では「帰ってきたヒトラー」も、仙台(というか東北6県)では上映されませんでした。後、R15(だったと思います)のフランクフルトをキャラクター化したエロ風味のアニメも「仙台飛ばし」されてしまいました。この調子なので、「この世界の片隅に」の上映前には、果たして「仙台飛ばし」されないか、私も結構本気で心配でした(無事上映されましたが)。

 

ただ、こうした「仙台飛ばし」は映画以外では常に起きているわけではなく、(今(2017年4月17日)現在もまさに「トーテム」の仙台公演の最中ですが)シルク・ドゥ・ソレイユの日本公演では仙台公演も行われるのが一般的なようですし、こちら 

nlab.itmedia.co.jp

の「ディズニー・アート展」も、きちんと仙台でも開催される見込みです。是非、私も観に行きたいです。

 

このように、いわゆる「かなりマニアックな海外映画」以外は、割と仙台スルーは少ないようです。「仙台飛ばし」が余り騒がれないのは、一つにはこのためもありそうです。