せっぱつまりこ’s blog

宮城県仙台市及び近郊を中心とした、東北地方の様々な情報について書こうと思います。

仙台の古層に関する色々な物事について

ところで、仙台という街は戦国時代の終わり(江戸時代の極めて初期でもあります)に今の宮城県岩手県の一部を統治した領主であった伊達政宗仙台城を築城し、城下町を築いたことによって「歴史」が始まった、というようなイメージがあります。

 

無論現代の仙台市の原型が確立したのは、政宗による仙台城築城・城下町建設による点が極めて大きいといえます。

 

しかしながら、政宗以前の仙台(=古代〜中世の仙台)も、色々と興味深い点があります。

 

現在の仙台市の中心部といえるような地区(=宮城県庁や仙台市役所、藤崎百貨店や三越仙台店のような戦前からあるデパートなど様々な重要・大規模な施設・会社がある地区)は、JR仙台駅よりも西側に位置しています。これは、政宗青葉山仙台城を築いたことにそもそもの理由があることです。

 

つまり、JR仙台駅よりも西側にある地区の都市としての発展は、いわば政宗が仙台入りしたことによって始まったという面が強いわけです。

 

しかし実は政宗以前には、むしろ仙台駅よりも東側の地区の方が発展しており、実際、政宗以前の時代の史跡や古い歴史を持つ神社仏閣はこちらに多くあります。例えば、創建が奈良時代陸奥国国分寺は現在の仙台市営地下鉄東西線薬師堂駅の名の由来でもあり、そこから余り遠くない場所にあります。

 

そして更にいうと、政宗も城を築く場所の第一希望は現在の仙台駅の東側〜JR仙石線榴ヶ岡駅の近くである「榴岡(つつじがおか)」であった、という説もあります。実際、彼が晩年に住んだ「若林城(政宗の没後に取り壊されました。現在この跡地は刑務所であり、「古城(ふるじろ)」という地名が残っています)」は東側の地区にありました。

 

又、近世のいわゆる街道は西側の地区を通っています(芭蕉の辻など)が、古代〜中世に使われた街道は東側(現在の若林区役所や仙台市営地下鉄東西線連坊駅薬師堂駅などの比較的近く)を通っていました。

 

他にも、こうした「仙台の古層」に関する色々と興味深いことはありますので、これらのことについても、今後書こうと思います。 

いつになるかまだ不明ですが、もし書けたら書きたいテーマの覚書き的なもの

どうも、ご無沙汰しておりました。

今回は「いつになるかはまだ不明ですが、もし書けたら書きたいテーマ」の覚書きを書こうと思います。中には既に今までの記事の中で、「ゆくゆくは書きたいと思います」などど言及したものもあるかも知れませんが、ご了承頂けますと幸いです。

 

1.福島県郡山市に複数ある、「○○坦」系の地名について

福島県郡山市内には、「○○坦(だん)」という地名がかなりの数あります。

これはどんな意味なのか、どんな歴史的背景があるのか等々について、大変関心をそそられております。

 

2.「伊達政宗起源説」の数々について

宮城県の様々な特産品や工芸品、特に近代になる前からあったものの中には、「仙台藩伊達政宗が、経済政策の一環として当該の特産品を生産することを、藩の民衆に奨励した」などの通説が語られているものが、幾つかあります。

しかし、それらの中には歴史的にみると信憑性がかなり低いものが結構あります。

一方、こうした「物事の起源」に「歴史的偉人が絡む」タイプの通説は「偽史」というよりはむしろ一種の「神話」ではないか、という視点で見ることも時には必要ではないか、とも私は思います。

 

3.幻の仙台弁「すんどい」について

仙台弁の中には、非一般的な言い回しではありますが実は「すんどい」という言葉があります。

これは、近畿方言からいわゆる「共通語」に取り入れられて久しい言葉「しんどい」の転訛であることがわかっています。私は個人的にこの転訛が気に入っていますので、これについても書きたいと思います。

 

東北地方と春〜初夏のツキノワグマについて

今回は、若干今までと違うジャンルの話を書こうと思います。ただ矢張り、一応東北地方に関する情報についてですので、その点はご安心下さい。

 

これは東北地方を中心とする東日本でしばしば起こる事件というか事故なのですが、特に春〜初夏頃に山菜採りなどに山地に入ってツキノワグマに襲撃される事故が時々報道されたりします(なお、西日本ではツキノワグマの生息数は東日本に比べ圧倒的に少ないです)。

 

ところで先程ツキノワグマ、とさらりと書きましたが、現在日本列島に生息する野生のクマの仲間には2種類あります。北海道に生息するヒグマと、本州・四国に生息するツキノワグマです。なお、北海道と東北地方北部は海に隔てられているとはいえ近いですが、自然の状態でヒグマとツキノワグマが入り乱れているということはありません(これは「ブラキストン線」のためです。もしご興味のある方は検索なさるか、本などをお読み下さい)。

 

本題に戻りますと、先程ツキノワグマ襲撃事故の例で挙げましたような、春〜初夏には山菜採りに山地に入った人々が襲撃される事故が起こりやすい、というように、季節によって起こりやすい人的・農作物的な被害は異なっています。

 

その大きな理由は、一つにはツキノワグマが余り植物の繊維を消化できないことにあります。そのため植物の繊維が余り硬くない春〜初夏には山菜や新芽をよく食べ、植物の繊維がより硬くなる夏場には果実や蜂蜜などを多く食べるわけです(夏場に農作物の食害が多くなる傾向がありますが、それも、このことに理由があります)。

 

要するに「山菜の旬」の時期は、人間にとってだけでなくツキノワグマにとってもそうであるため、こうした事故の深刻な原因になってしまっているわけです。

 

なお仙台市では、こうしたサイトも運営しているため、大変参考になります。

ツキノワグマ対策について|仙台市

http://www.city.sendai.jp/kankyochose/kurashi/shizen/petto/yase/higai/documents/doctorbear.pdf

せんだいくらしのマップ クマ出没情報マップ | ご利用上の注意

 

 

 

 

山形市、実は広島市と(少し)そっくりだった!?

今回は宮城県でなく、お隣の山形県の県庁所在地「山形市」について書こうと思います。

 

ところで突然ですが、東北地方の県庁所在地の中で太平洋戦争の際に唯一本格的な爆撃を受けなかったのは、山形市です(本格的な爆撃の予定はありましたが、爆撃を受ける直前に終戦を迎えました。その意味では、なかなか強運な街です)。

 

そのため、山形市は他県の県庁所在地に比べ、戦前の建物や街並み・区画が残っている率が高いのですが、そうしたものを見ていきますと、実は山形市は、太平洋戦争で原爆投下を受けなかった場合の広島市と、共通点が幾つか(といっても私が気付いた限りでは2点ですが)あります。

 

1・古くから栄えていた街の中心部に大型の洋風建築があり、それは公共機関の建物である。

広島市にある有名な原爆ドームは、被曝以前は「産業奨励館」という物産館であったことは(特に日本近現代史や建築史のお好きな方には)割と知られています。

一方、山形市にも「文翔館」という往時の県議会の会場であった建物が現存しており、驚いたことに今も時々イベント会場になったりします。

f:id:seppatsumariko:20170703010600j:plain

こちらがその文翔館の写真ですが、まさにそのイベントを観覧に行った際撮影したのでこのような角度になってしまいました。もし広島市が原爆投下を受けなかったら、原爆ドームも今頃はこんな雰囲気だったことでしょう。

 

2・これ又古くから栄えていた街の中心部に、「平城」タイプの城址がある。

広島市山形市は、どちらも城下町として発展してきた歴史があります。

広島城はいわゆる「平城」タイプの城址ですが、山形城も同じく「平城」タイプでした。

国指定史跡山形城跡「霞城公園」 — 山形市役所

なお、私が現在住んでおります仙台市にある仙台城は、「山城」タイプです(「平城」「山城」などの専門用語は、検索されるか、はてなキーワードにリンクできたらそちらをご参照下さい)。

 

 

 

幻の磁器「切込焼」について(完結編)

随分間が空いてしまい申し訳ございませんが、現在の宮城県加美町に伝わる伝統工芸品の一つである磁器の「切込焼(きりごめやき)」についての記事を、ようやく完結させようと思います。

 

なおお断りしておきますが、今回はどちらかというと近代日本の工芸史寄りの内容が多く、東北の歴史や文化とは余り関係がないくだりが中心に出て参ります。ですから、東北の歴史・文化についての記事を期待しておいでの方は、今のうちにそっ閉じされることをお勧めします。

 

明治時代の極めて初期、切込焼の歴史は一度断絶してしまいました。

 

伊達家による統治の時代が終わったことや、切込焼職人コミュニティの間でも長老や経済的支援者たちが次々に亡くなったことなども、切込焼の衰退を早めてしまった要因でもありました。

 

しかし、大正時代の後半に加美町の事業家たちによって、切込焼は短期間ではありますが再興しました。結局昭和初期の世界恐慌のために衰退してしまいましたが、海外への輸出も視野に入れられた壮大なプロジェクトであったもようです。この時期の作品を、特に「大正窯」と呼びます。

 

そもそも大正時代〜昭和初期頃は、それまでは現代でいうテクノロジーの領域で扱われ、公募展なども美術ジャンルでなくいわゆる商工展の一環として行われていた陶磁器やその他様々な工芸が、「工芸美術」という新しいカテゴリーの美術として扱われるようになった時期でもありました。

 

又全国的にみても、昭和初期頃には桃山時代〜江戸初期に栄え、その後長くロストテクノロジーとなっていた陶芸である「志野」や「織部」「唐津」などが、陶芸家有志によって復興されています(現在いわゆる伝統的工芸品として著名な陶磁器の中には、一度長くロストテクノロジー化していた歴史があり、この動きの中で復興されたものも案外多くあります)。こうした動きも、大正期の切込焼復興の背景としては見逃せません。

 

<参考文献>

切込焼記念館 - 加美町

木田拓也『工芸とナショナリズムの近代 「日本的なもの」の創出』吉川弘文館、2014

 

 

 

仙台駅西口にある廃墟について

仙台市にお住まいの方やよく訪れておいでの方の中にはご存じの方も多いとは存じますが、JR仙台駅西口には廃墟化が始まった建物があります。

 

かつての「さくら野百貨店仙台店」です。

f:id:seppatsumariko:20170623000432j:plain

 

この写真(2017年6月22日撮影)の真ん中の建物が、かつてのさくら野百貨店仙台店です。

 

f:id:seppatsumariko:20170623001555j:plain

 

ちなみにこちらが、2017年の1月1日に撮影しましたさくら野百貨店仙台店です。

仙台市内は1月2日の初売りが全国的に有名ですが、1月1日は休みなのが一般的です(仙台の初売りについては後で書ければと思います)のでこの写真では閉まっています。しかし翌日の初売りスタートの日には大変賑わっていました。

 

しかしながら、 この年の2月の終わりに自己破産のため突然閉店してしまいました。その際の河北新報さんの記事が、こちらです。

 

www.kahoku.co.jp

 

なお、この記事の時点〜5月頃まではまだ他の企業さんのテナントが営業を続けていたので今ほどは「廃墟」然とはしていませんでしたが、今ではそれらも撤退してしまいました。

 

それで思うのですが、もし東北地方というか仙台市に進出したいある程度大きな企業・商店さんがおいででしたら、物件には是非、この元さくら野百貨店仙台店の建物をお勧めしたく存じます。幸い、現時点(2017年)では閉店してまだ1年も経ちません故、「廃墟」とはいえ荒廃も余りしてはいませんので今がチャンスです。

 

拙ブログはまだまだ読者さんが少ないですが(でも勿論、お読みになって下さる方々には大いに感謝です)、少しでも仙台や東北のためになれればと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

第1回東北絆まつりの簡易レポ 〜あるいは、ねぶたはいいぞ〜

以前こちらの記事

seppatsumariko.hatenablog.com

で書きました、第1回東北絆まつりが去る6月10・11日に仙台市で開催されました。今回は、それの簡易なレポートです(但し「青森ねぶた」に関するネタが多めです故、その点はご理解お願い致します)。

 

東日本大震災直後の2011年夏に東北六魂祭仙台市で初めて開催されましたので、こち仙台市での開催は実に6年ぶりです。そして2011年には私は仙台市には住んでいなかったため、自分の住む県でこうしたイベントが開かれるのは初めてでした。

 

ということもあり、今年の絆まつりでのねぶたも第1回六魂祭の際のねぶた(写真は冒頭の拙記事のリンクを辿るか、グーグルなどの画像検索をお勧め致します)同様、宮城県に縁のある歴史的人物の中でも1、2を争うヒーローともいうべき仙台藩伊達政宗でした。

 

西洋美術的な表現方法も感じられる、いわば革新的な第1回六魂祭のねぶたと比べ、より「スタンダードな」タイプの政宗像ですが、格好良さや美しさ、力強さは決して負けてはいない魅力的な政宗像です。政宗が着ている陣羽織の柄が、ウロコ柄(「独眼竜」なだけに「竜」のイメージです)なのも今までになかなかない表現で魅力的です。

f:id:seppatsumariko:20170615010107j:plain

この写真は10日の夕方に撮影したものでして、純粋に造形を鑑賞するには良いチャンスでした。

f:id:seppatsumariko:20170615010813j:plain

なお、当該ねぶたの後ろはこんなでした。

 

運行されている際の写真もございます。

f:id:seppatsumariko:20170615011203j:plain

信号機で一部隠れてしまいましたが、大回転する一瞬です。

f:id:seppatsumariko:20170615011332j:plain

 こちらは戻ってくる際の写真です。

 

・・・・・・・・・・と、結局ねぶたについて大いに語る回になってしまいましたが、とにかく東北絆まつりはよかったです。